フォト
2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログパーツ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 【映画】ギンレイシネマパスポート | トップページ | 【映画】「踊る大捜査線 THE MOVIE 3」を見た! »

2010年7月11日 (日)

【映画】飯田橋ギンレイホール(その2)

前の記事で報告したとおりギンレイホールの年間パスポートを購入。さっそく本日使ってみました。

2207101329

パスポート最初の映画は『月に囚われた男』。

公開時に気になっていた映画ですが、いつのまにやら公開終了。見逃していたタイトルで、そういう意味でも名画座の有難味を十分味わえました。

さて、この映画ですが、月の裏側にたった一人で3年間派遣された男のお話で、この男におきるトラブルが基で、男自身の存在(アイデンティティかな?)が不確かなモノになっていくというSFミステリー。事前情報としては、自分しかいない月にもう一人人間がいる、って事ぐらいで観に行きましたが、このもう一人っていうのが「自分」ってことでビックリ!

観ている内に、地球に一番近い天体とは言え、3年間一人で過ごすには精神的にも肉体的にもまず人間には持たないだろうと思ったので、この設定にちょっとした疑問が生まれたのですが、この点こそがこの映画のミソでした。

それと相棒ロボットが出てくるんですが、それが『2001年宇宙の旅』のコンピュータHALと被ったり、主人公が務める民間会社が『エイリアン』のリプリーが務める会社とイメージが被ったりと、皆が皆あやしく見えます。

ミステリーの種明かしが短絡的すぎなか?と思いましたけど、約100分間十分に楽しめました。まぁオチは「3人目」が表れた際に読めましたけど。

ただ、クローンの寿命は3年のようだから地球に戻れた2人目も・・・(←ここ白字で伏せます)というちょっと不安の残る映画でした。

2207102313

写真は『月に囚われた男』のパンプレット。写真では分かりませが18cm×18cmとコンパクトで珍しいサイズです。

 

2本目は『ハードロッカー』。

公開時に観たので、2回目です。いやぁ~相変わらず緊迫感あふれる映像です。映画の内容は覚えていましたが、十分楽しめました。(2回目の方が面白いかも?!)

映画内容の詳細は、以前の記事「【映画】ハート・ロッカーを見た!」を参照願います。

« 【映画】ギンレイシネマパスポート | トップページ | 【映画】「踊る大捜査線 THE MOVIE 3」を見た! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】飯田橋ギンレイホール(その2):

« 【映画】ギンレイシネマパスポート | トップページ | 【映画】「踊る大捜査線 THE MOVIE 3」を見た! »